看護師のキャリアアップ

看護師のキャリアアップについて見てみたいと思います。

・専門看護師・認定看護師…「どちらも日本看護協会が認定する専門資格。専門看護師は、コンサルテーションやコーディネートなどを通じて、患者に質の高い看護を提供できると認められた看護師。一方、認定看護師は、特定の分野において熟練した技術と知識がある看護師のこと。」
キャリア・アンカーで言えば「テクニカルタイプ」の方ですね。専門を決めて、その領域のスペシャリストを目指すキャリアアップです。

「専門看護師」にもいろいろあります。例えば、がん看護専門看護師、リエゾン精神看護専門看護師、等。
「がん専門看護師」は「がん治療における領域は新薬の開発などにおける技術の面の変化や、社会情勢などからくる、がん患者や家族の背景などの影響もあり複雑な状況判断が必要となっています。このようながん医療の現場において、がん専門看護師はその専門的な知識を生かして、重要な役割を担っていくと期待されています。(「看護ジャパン」HP)」
今や2人に1人はがんになる、という時代。こんな時代に欠かせない看護師さんですね。テレビでもよく見かけるのですが、がんの研究が進んで、その治療法が次々に開発されているようです。そうなると常に新しい知識を身につけないといけないですね。一番身近で一番怖い病気だからこそ、その専門の看護師さんの存在は重要性を増しているのだと思います。
また「リエゾン精神看護専門看護師」という専門看護師もいらっしゃるそうです。「リエゾン」とは「橋渡し・連携」という意味があるそうです。患者さんと医師等の関係はもちろん、医療スタッフ同士の橋渡しも担ったり、また、看護師自身が精神的に参ってしまった場合のフォローの役目も果たすそうです。看護師の仕事は激務。しかも今は人手不足。看護師さん自身の精神的フォローはとても大事なことだと思います。

「認定看護師」にもいろいろあります。皮膚排泄ケア認定看護師、緩和ケア認定看護師、感染管理認定看護師、がん化学療法認定看護師等々。
例えば「緩和ケア」。以前は「ホスピスケア」とも言っていたようで、がんの終末期の方へのケアなどが中心だったようですが、今では早期の場合でも、患者さんに寄り添って、高度な医療を提供する役目も担っているそうです。

それぞれの役割を担っている看護師さんは、大変な中でも使命感を持って頑張っておられるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です